元気メンズファッション

人気記事ランキング

ホーム > 健康・医療 > 子宮内膜症とは

子宮内膜症とは

子宮内膜症でお悩みの女性の方、

お悩みではないが女性として知っておいた方がいいと感じている女性の方へ、

手術の種類や検査方法など、子宮内膜症についてまとめました。

子宮内膜症がどんな病気なのか、詳しく知らない方も多くいらっしゃると思います。

ちょっとした知識として、知っておく事は必要だと思います。

参考になれば幸いです。

どうぞ、ご覧くださいませ。

 

子宮内膜症とは、子宮の筋層に存在する、平滑筋細胞由来の良性腫瘍の事です。

生殖年齢の女性のうち20%の割合で発症するが、悪性化するのは0.5%以下、30~40代に好発します。

子宮内膜症を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫に分類されます。

また、子宮頚部の位置にできるものは頚部筋腫と呼ばれます。半数以上の子宮筋腫が多発性(複数の塊が発生する)です。

子宮筋腫はエストロゲン依存性良性疾患であるため、閉経後は縮小するので外科的な処置をしないことが多いです。

エストロゲン依存症の疾患として他に、乳腺症・乳癌・子宮内膜症・子宮腺 乳腺症・乳癌・子宮内膜症・子宮腺などが知られています。

続木和子の子宮内膜症改善プログラム